<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

作品 56作目 ルイ・プラド(Louis Prades)

f0095446_1743591.jpg


唇が赤かったのです。
わざと意図的に赤く描いたのではありません。
ルイの元画像が赤かったのです。
でも、赤が、これほど赤いのに、似合ってた。
でも、絵だけ見ると、元画像を知らない人には赤い唇が目立ちすぎたかもしれません。

花はとても小さい可憐な花です。
ルイの甘い顔立ちに、ピッタリだと選びました。
背景の青も爽やかで若いルイに似合いそうだと決めました。

花がしんどかったぐらいで、ルイはとても描きやすかったです。


f0095446_17494919.jpg

[PR]
by mayoibitoekaki | 2006-03-28 17:40

作品 55作目 ディエデリック(Diederik Van Der Lee)

f0095446_1555518.jpg


このディエの絵は、気合が入ってました。
髪が難しい元画像でした。
でも、ディエの画像は、カメラマンが陰影をあまりつけないのです。
なので、たいへん描きやすいのです。
彼がとても美しい上に、陰影がなく、さらにとてもゴージャスな衣装を着ることが多い彼だったので、好条件がテンコ盛り。

唇の形がなまめかしい上に、髪が女性モデルよりも妖しい艶とウェーブでした。
それでいて、目がキリリと男性的で、飛びぬけた個性があります。

だけど、意外と伸びませんでした。
華やかな色がなかったせいでしょうか。
ぱっと見た感じが、地味な感じかもしれません。


f0095446_16103598.jpg

[PR]
by mayoibitoekaki | 2006-03-15 15:53 | イラスト

作品 54作目 Jamie Strachan

f0095446_23111381.jpg


自分のだ~りんでございます。
もちろんリアルだ~りんじゃなくて、夢の中のだ~りんです。
出会いはセレクトというモデルマネージメントのサイトでした。
ほとんど、一目惚れです。

でも、背景の花がいつも地味です。
今回もそれが外れませんでした。
フリージャ。

もう彼の絵は4作目なんです。
どれがヒットしたかというと、どれも自分が激しく出入りしたので、さっぱりわかりません。
しんどかったのは1作目です。
4作目がなぜか好きです。
目がそっくりに描けたからです。

それもこれもこの鮮明画像のおかげです。
元画像は大きくて鮮明で、拡大しても目の線がきれいに取れました。
滅多に無い画像です。
f0095446_23234463.jpg

[PR]
by mayoibitoekaki | 2006-03-08 23:07 | イラスト